So-net無料ブログ作成

AREarthroid 1.3 新機能 [使い方の説明]

AREarthroid 1.3 新機能

OBJデータ読み込み方法

AREarthroid1.3では、OBJ形式データを読み込むことが可能になりました。
OBJデータをインポートして現在位置に表示することができます。
OBJデータは、Wavefront社のAdvanced Visualizerというソフト用のファイルフォーマットです。
テクスチャマッピングには対応していません。
マテリアルデータについては読み込むことが可能です。
BlenderなどのCGソフトでOBJ形式でエクスポートした、3Dデータを読み込むことができます。

スクリーンショット-1.3-4.png

インポート方法

端末にOBJ形式のデータをコピーします。OBJファイル、MTLファイルのふたつをコピーして下さい。
メニューの[3Dデータ]、[3Dデータのインポート]を選択します。
ファイルを選択するためにファイルマネージャが起動します。インストールされているファイルマネージャがリストされますので、好みのファイルマネージャを選択して下さい。
コピーしたファイルをタップして選択します。選択するとそのファイルがローカルにコピーされます。最初は、MTLファイルを選択してインポートして下さい。
同様な操作方法で、OBJファイルをインポートして下さい。インポートされるとデータが表示されます。
ファイルマネージャによっては、拡張子が登録されていないとリストされない場合があります。.OBJ .MTLの拡張子をMIMEタイプtext/plainで登録しましょう。

大きさの調整

読み込んだ3Dモデルは、大きさと向きを調整することができます。
メニューの[3Dデータ]、[3Dデータのスケール調整]を選択します。
上下のスライドで大きさが変化します。
左右のスライドで向きが変化します。
再度、メニューの[3Dデータ]、[3Dデータのスケール調整]を選択するか、モニタ表示部分をタップするとスケール調整は終了します。

削除

メニューの[3Dデータ]、[3Dデータの削除]を選択します。

AREarthroid

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
AREarthroid
Copyright Atsushi Asai Google+朝井淳
AREarthroid

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。